So-net無料ブログ作成

野村證券のハードトークン廃棄 [日本株式]

ほっとダイレクト専用webサイトが終了して野村ホームトレードと共通化したのは1月。
部店コードN07、口座番号、ログインパスワードの3つを入力してログインするようになった。
注文や手続きの際に必要だったワンタイムパスワードは終了し、取引パスワードを利用するようになった。
それとともにワンタイムパスワード生成用のハードトークンは無用のものになり、各自で廃棄する。

という事を今知った。

ハードトークンを廃棄するのってなんか抵抗あるなあ。

第115回 セキュリティトレンド - ワンタイムパスワードの仕組み -


あらかじめ、トークンのシリアル番号等のユニークな番号と利用者のIDがサーバー側で関連付けられており、ボタンを押すと、そのトークンに関連付けられたIDのユーザーに、今使えるパスワードが表示されます。



仮にシリアル番号からIDがわかったところで、何の害もないのか。そっか。そのまま捨てていいんだな?




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。