So-net無料ブログ作成
検索選択

マネックスFXキャンペーンのプレゼント12,000円が入金された。 [投資全般]

マネックスFXキャンペーンプレゼント12,000円が入金された。

FX PLUSと大証FXでそれぞれ1往復ずつ取引しただけでもらえてありがたかった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ギリシャ危機、今後の展開 [外国債券]

日経新聞2011年9月19日

ケース1 「段階的に処理」

2013年6月まではユーロ圏でデフォルトは起こさないという昨年の合意に基づく段階的な対応。IMF,EU支援を続けながら欧州金融安定基金(EFSF)の機能拡充で、ユーロ圏国債購入、金融機関への資本注入など進め、連鎖リスクがおさまるまで時間稼ぎ。

ケース2 「早期に抜本処理」

ギリシャの大幅な債務再編(秩序だったデフォルト)をしたうえで、必要に応じて各国が金融機関に公的資金で資本注入、欧州金融安定基金(EFSF)の規模拡大で他の南欧諸国への危機波及を避ける。

ケース3 「制御不能の突発危機」

ギリシャ政府が突然デフォルトやユーロ脱退を宣言。最悪のシナリオ。


ケース1を進めながらやがて抜本処理に至るようにしたいらしい。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

過去の国家デフォルト [外国債券]

期日通りに支払われなかった額が大きいもの、1998年ロシア727億ドル、2001年アルゼンチン822億ドル。

ギリシャの現在の債務残高が4,530億ドルと桁違い。ちなみにスペイン8,810億ドル。

default.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ギリシャデフォルト不安の現状まとめ [外国債券]

ギリシャはとりあえず10月に80億ユーロ融資をEUとIMFから受けられる事になった。融資の条件になっていた財政赤字削減策を21日に再表明したけど、それに対してまた労働者が10月に大規模ストライキを予定。ギリシャは昨年5月からこれまで5回融資を受けてきたけど、その時々に打ち出してきた赤字削減策はストやデモなどの反発にあって手つかずのまま。来年にはギリシャ国債は大量償還の予定。現政権は労働組合が支持層なので組合に痛みを強いる赤字削減策が本当に実施できるかはかなり疑問。解散総選挙による右派政権誕生に期待。

greece.jpg
これまで打ち出してきた赤字削減策(日経新聞2011/9/21)

以下ソース。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。